山口県山口市の歯科ハーモニー歯科こども歯科へのお問い合わせ
山口県山口市の歯科ハーモニー歯科こども歯科へのお問い合わせ
山口県山口市の歯科ハーモニー歯科こども歯科
山口県山口市の歯科ハーモニー歯科こども歯科

山口市の一般歯科

NEWS&BLOG 一覧

22時50分。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

金曜日は矯正診療日。

専門医、今村先生の登場です。

今月はスケジュールの都合で、矯正診療日はこの日だけ。

ぎゅうぎゅうの予約状態でした。

 

上の写真を見ると、終わったのは22時50分。。。(今村先生、写真を拝借しました)

みなさん、お疲れ様でした。

 

副院長が残業だったんで、僕は息子たちを連れて定時に帰宅。

お先に、すみません(笑)

息子たちをお風呂に入れ、作り置きしてもらってたカレーを温めて、ベッドで三男に絵本を読んであげて、就寝しました。

 

 

本日、土曜日は一般診療だけ。

妻は次男の運動会に行ってます。

いつもは子供達の声で賑やかな土曜日ですが、今日はいつもと違った雰囲気です。

19時まで、頑張ります。

 

 

 

 

舌苔。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

先日の院内勉強会。

この日の発表者は、歯科衛生士の村上と大濱でした。

 

村上は担当患者さんの治療報告。

ブラッシングが上手くできない高齢の患者さんです。

それでも、真面目に月1回のメンテナンスに来院され、少しづつですがブラッシングができるようになってきました。

長く染み付いた生活習慣を変えるのは容易ではありませんが、口腔内の環境をよくするために患者さんをいい方向に導くのも歯科衛生士の大切なお仕事です。

 

大濱は「舌苔」について。

舌にコケと書いて、「ぜったい」と読みます。

舌苔とは、舌の表面に付着している白っぽい苔状のもの。

体調の変化や、ストレスなどで、色や付着量が変化します。

見た目も良くないし口臭の原因にもなるので、とても気にされる患者さんんもいらっしゃいますが、通常はうっすらと舌苔が付着しているのが正常なので、そこまで神経質になる必要はありません。

してはいけないのが、歯ブラシなどで舌の表面をゴシゴシこする行為。

これをすると、舌が傷つき炎症を起こすことによって、もっと舌苔がついてしまいます。

今では、専用の柔らかいブラシが発売されています。

 

 

ご自身の舌苔が気になられる方がいらっしゃったら、ぜひうちの歯科衛生士に相談してみてください。

しっかり、アドバイスしてくれるはずです。

 

 

 

 

 

僕のマウスピース。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

歯ぎしり用のマウスピース。

夜間の歯ぎしりや食いしばりの力から、歯や顎を守るためのものです。

このような夜間の習癖は無意識化のため、患者さんが気をつけても止めることができない。

それに加え、そのほとんどが強烈な力を伴うため、お口の中のトラブルの原因になることが多いんです。

ハーモニー歯科こども歯科でも、このようなマウスピースは多くの患者さんが使用されています。

 

上の写真は、実は僕のマウスピース。

僕も歯ぎしりがひどいんです。

左右の犬歯は大きくすり減ってしまってます。

歯医者の僕でも止めることができない厄介な習癖です。

 

このマウスピースは、歯科衛生士学校から実習に来ているKに作ってもらった。

勉強のために、型を取るところからやってもらいました。

緊張しながらも、上手くできました。

完成するまでかなり時間がかかりましたが、本日やっと僕の手に届きました。

今夜から使用してみます。

 

大切に使うね。

ありがとう。

 

 

 

 

勤務医時代の同期。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

 

ということで、博多へ。

勤務医時代の同期で集まりました。

 

場所は「田中田」さん。

ちょっと贅沢な居酒屋さんです。

大学を卒業したばかりで貧乏歯医者だった僕たちが、こんなお店で食事できるのは考え深いものです。

 

会食は17時スタート。

外はまだ明るい。

長い夜が始まりました。

 

大学を卒業し、歯科医師として社会に放り出された4人。

学生時代の甘やかされた状態から、一気に社会の厳しい壁に直面し、四苦八苦しながらも楽しくやってました。

そして、歯科医師としての技術を磨きながら、プライベートでは結婚をし父になった。

4人とも、人間として最もダイナミックに変化して成長した時期だと思います。

 

4人とも同じ職業ですが、キャラクターは違う。

それぞれのスタンスで仕事も頑張っているようです。

いろいろ話して、3人には刺激をもらった。

来年までに、少しでも成長しないとな。

 

 

来年は、広島?大阪?

また、その時まで。

 

 

 

 

しっかり老けただけ。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

連休ですね。

今日は博多に行ってきます。

久しぶりに、勤務医時代の同期で集まるんです。

2年ぶりくらいかな。

 

同期は4人。

そのうちのひとり高田が昨夜、山口に来たんです。

暇なのね(笑)

高田はアパートも隣の部屋だったんで、よく遊んだ仲。

苦楽を共にしたんです。

 

せっかく山口に来てくれたんで、こっちにいる勤務医時代の後輩も呼んで前夜祭。

後輩は宇部の青木と、下関の岩城。

5年くらい後輩ですが、今はふたりとも開業医として頑張ってます。

 

この歳になっても、同期は同期だし、後輩は後輩ですね。

関係性は何も変わらない。

みんなが、それぞれしっかり老けただけ(笑)

 

 

 

 

さて、そろそろ高田をホテルに迎えに行って、いっしょに博多へ向かいます。

今夜が本番です。

 

 

 

井戸。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

 

うちの自宅の庭には井戸がある。

自宅を設計するときに、この井戸が問題だったんです。

井戸って埋めちゃうとあんまりよくないらしい。

昔からの言い伝えかな。

運気的な問題。

それなら、井戸をうまく利用して設計することになり、雰囲気のある井戸を作ってもらいました。

 

それが、今年になって水が出なくなった。

夏は息子たちが冷たい井戸水でよく遊んでたので、残念。

井戸水が枯れちゃったのかなって思ってましたが、調べてみるとポンプの故障でした。

 

本日、部品を取り寄せてもらって修理完了。

ポンプを押すと、冷たい井戸水が出てきます。

末っ子の三男は大喜び。

この雨の中、水浴びしてました。

寒いだろ(笑)

 

もうちょっと早く修理できればよかったが。

もう、井戸水は冷たすぎる。。。

 

 

 

巨大なプレゼント。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

うちはスタッフの誕生日に、感謝の気持ちを込めましてプレゼントをしています。

スタッフは10人いるんで、ほぼ毎月、プレゼントを準備します。

プレゼントを選定するのは副院長ですが、これがなかなか大変なんです。

そのスタッフの好みなどを考慮して、気持ちを込めてますからね(笑)

 

今月は歯科衛生士の松崎の誕生日。

院長室に巨大なプレゼントが置いてある。。。

1メートルくらいあるぞ。

 

なんと、中身は恐竜のフィギュア。

本人のリクエストなんだって。

大の恐竜好きとのこと。

このでっかいフィギュアをどこに飾るんだろ。。。

 

まぁ、喜んでくれたみたいで良かったです。

 

おめでとう!

 

 

 

 

こんなメンバーで。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

昨日はこんなメンバーで会食。

 

大学の先輩であり、山口市のドン、T先生。

このブログではお馴染み、歯科医師会の兄貴、N先生。

僕よりいい物をいつも身につける生意気な後輩、M先生。

 

上の写真は焼肉屋さんですが、これ三次会です。。。

みなさんそれぞれ忙しく、このメンバーで集まるのは貴重なんて、じっくり楽しみましたよ。

この日は酒グセが悪い人もいないし(笑)

 

 

好きな人と飲むのはいいもんだ。

翌日のダメージは大きいですが。。。(笑)

 

 

 

 

気分転換。

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

休診日の木曜。

朝一でヘアーカットです。

ちょっと前まで3週間に1回だったが、最近は2週間に1回のペース。

カット前後ではあまり変化がないかもしれませんが、自分ではかなり気分が違います。

カットは気分転換に最高ですね。

 

 

その後は、ジムに。

こちらは週に2回のペース。

とは言っても、用事があって行けないことも多いので、週1.5くらいかな。

胸と背中の筋トレして、しめは有酸素30分。

嫌いな有酸素ですが、自分の食生活を考えるとしかたない。

昨夜は焼き鳥屋さんだったし。

明日は沖縄料理だし。。。(笑)

 

 

アナログ VS デジタル。

 

 

こんにちは。院長の金藤です。

 

 

 

様々なものがデジタル化されているこの時代。

歯科医院も同様に、レントゲンやカルテなどはデジタルにどんどん置き換わっています。

ハーモニー歯科こども歯科でも、開業当初からデジタル化を進めていましたが、唯一わざとアナログのままにしているものがあります。

それは、予約表。

うちは完全予約制なんで、来院される患者さんはほぼ全てこの予約表で管理しています。

紙の予約表に、手書き。

もろアナログです(笑)

 

今まで、幾度となく予約管理のデジタル化を勧められてたんですが。。。

それを頑なに拒否していたのが、この僕。

限られた診療台と決められた診療時間の中で最も効率の良い予約を取り、予約の変更にも迅速に対応でき、予約状況をひと目で把握できるのは、このアナログ式が一番と思っているわけです。

今でもそう思ってます。

 

しかし、この重い腰を上げなければいけない雰囲気が。。。

現在、受付がひとり体制で、受付業務が大変な状況なんです。

(10月から新人の受付が入社します!患者さんにはご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくお待ちください。)

これを機に、副院長が予約管理のデジタル化に動き出しました。

 

今日のお昼に、副院長とデジタル予約管理のメーカーさんが打ち合わせしてた。

これだけの患者数を、アナログで管理しているクリニックは他にないらしい。。。

うちの緻密なアナログ予約表にも、驚いておられたようです。

嬉しい(笑)

 

 

アナログ VS デジタル。

一長一短はあると思うが、どっちに転ぶかな。

副院長からもう少し話を聞いてみようと思います。